佳子さまだけじゃなかった…美しい皇族の皆様方のお写真

佳子さまだけじゃなかった… 美しい皇族の皆様方のお写真… 美しい皇族の皆様方のお写真 本国内のみならず、海外からも「美しい」と評判の 秋篠宮文仁親王殿下の第二女子である佳子内親王殿下、佳子さま。 2014年に20歳となりティアラを身につけてお出ましになった時には、 「美しすぎる!」との声が溢れました。 こちらは学習院女子高等科ご入学の写真。 この頃からメディアの露出も増え始め、可愛いと評判でした。 佳子さまに注目が集まりがちですが、 優雅でお美しい皇族の方は佳子さまだけではありませんでした。 眞子さま 佳子さまの姉にあたる、 秋篠宮文仁親王殿下の第一女子・眞子内親王殿下、眞子さま。 紀子さま 眞子さま・佳子さまの母親、秋篠宮妃・紀子さま。 若かりし頃はさらにお美しい。 母娘3人が正装で並ぶとさらに美しい。 秋篠宮ご一家 2011年、悠仁さまの着袴の儀と深曾木の儀を終えた後の写真。 美智子皇后陛下 皇太子妃当時の美智子皇后陛下。 皇太子ご一家 高円宮ご一家 彬子さまと瑶子さま

Read more

夢の国の現実…ディズニーの元キャストが秘密を暴露…

夢の国の現実… ディズニーの元キャストが秘密を暴露… 老若男女問わず大好きな場所と言えば、 夢の国の東京ディズニーランドとディズニーシーですよね。 1度も行ったことがないという人は 珍しいのではないでしょうか。 毎日のようにディズニーに囲まれて過ごせれるのならと いっそのことディズニーリゾートで働こうと思った方はいませんか。 そこで働いたからこそ分かった事実が 大暴露され注目されています。 夢の国の現実 1.ピース禁止 ディズニーではキャストがゲストと写真を撮影してする際に ピースを禁止しています。 その理由にピースには平和という意味もありますが、 実はVサインには勝利という意味もあるからだと言われています。 また、海外ではピースサインは手の甲を 相手に向けるスタイルから侮辱を意味するとも言われます。 ディズニーには外国からもゲストが来ることから、 変な誤解を生まないようにと言われています。 2.わからないと答えるの禁止 キャストはゲストからの質問に わからないと答えるのは禁止されています。 万が一キャスト自身が知らない事を聞かれた場合も 必ず調べてから答えるように言われています。

Read more

女性ホームレスの過酷な現実…500円で売春する地獄のような生活も…

女性ホームレスの過酷な現実… 500円で売春する地獄のような生活も… 女性ホームレスの過酷な現実 数こそ少ないものの、女性ホームレスは確実に存在します。 女性の場合、路上生活は様々な危険にさらされることから 本人が必死に気づかれないようにしていることも多い。 年越し派遣村の翌年、09年末から10年明けにかけて開催された 公設派遣村にも女性の姿はちらほらあった。 中には20代の女性もいた。 様々な事情があって実家には頼れず ルームシェアをしていた友人との関係悪化から住む場所を失い、 所持金も突きて路上生活となってしまった女の子。 夜間はとにかく身を隠すことに必死になっていたという。 また別の女性は夜間に路上にいることが怖いので 毎晩ネットカフェやファーストフード店で夜を明かすことを告白。 女性の野宿は非常に危険で暴力被害に遭う場合も多い。 中には野宿があまりにもきついので 好きでもない男性と結婚したり風俗嬢になって眠る場所を確保したという方もいます。 さらには売春して生活しているホームレスも・・・ 500円で売春する地獄のような生活 浅草の雷門近くの公園。 ここで30年間、路上生活を続けてきた深田絹江さん(仮名70代)。 「ずっと公園で寝る生活です。もう年でまともに働けないから、 男の人に施しを受けて、なんとか生きています」 施しとは体を売っているという意味なんだそうで

Read more

心筋梗塞が起こる1ヶ月前の6つの前兆と症状…これが出たら要注意…

三大生活習慣病、がん・脳卒中・心臓病。 心疾患の年間死亡数は20万人近くに上り、 急性心筋梗塞患者の14%は病院に搬送される前に心停止しています。 しかし心筋梗塞には前兆のサインがあり、 発作が起きる前に受診すれば助かる可能性は高くなります。 これからお知らせする6つの前兆のサイン。 もしこれらがあった場合は注意してください。 心筋梗塞が起こる6つの前兆 心筋梗塞は日本人の3大死因の1つ言われています。 心筋梗塞とは心臓の血管が狭くなったところに 動脈硬化でできた血栓が詰まって、血液が流れなくなる病気です。 心筋梗塞になると20分ほどで心臓の筋肉(心筋)が壊れ始め、 対処が遅れると命にかかわる恐ろしい病気です。 その心筋梗塞ですが、 心筋梗塞が起こる前兆と症状があるそうなのです。 1.胸やみぞおちの痛み 心筋梗塞の前兆として一般的に知られるのは 胸をぎゅっと掴まれるような圧迫感でしょう。 部位は、胸からみぞおちにかけて。 圧迫感も、単純に痛いという事もあれば 焼けるような感じであったりと個人差があります。 ストレス等で同じような症状になる場合もありますが、 その時は5〜10分ほどで痛みが引くのが普通です。 心筋梗塞の場合は、その痛みが 30分以上も続くことが少なくありません。

Read more

韓国女性芸能人の枕営業の実態…有名女性タレントが富豪相手にこんなことを…

韓国で有名になる為には性接待を避けて通れないそうです。 日本では高級デートクラブが発達しているので 女性の芸能人・アイドルなども沢山登録しているとされています。 今回はそんな韓国女性芸能人の枕営業の実態を紹介します。 韓国女性芸能人の枕営業の実態 所属事務所の命令でタレントがスポンサー企業の幹部や テレビ局関係者相手に枕営業をすることは多い。 もちろんこれは韓国に限った話ではありません。 さらに、韓国芸能界は性的な接待を意味する『性上納』という習慣が 根付いているほど枕営業が露骨な世界。 いくらでも代わりがいる新人女優やアイドルなどは よほど運が良くなければ性上納の道を通らないわけにはいかないそうです。 また、韓国ではこんな事件も起きています。 2016年3月4日、韓国・聯合ニュースなどによると 金に困った女性芸能人を買春相手として国内外の富豪に紹介し、 金を受け取っていた韓国の芸能事務所代表らが警察に逮捕されました。 売春を行っていた芸能人の中には 韓国のテレビにも出演し誰もが知る有名タレントも含まれているという。 ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊は4日、 売買春あっせんなどの疑いで芸能事務所代表の41歳の男ら2人を逮捕、 売春を行った女と買春した男らを書類送検した。 事務所代表らは昨年3月から7月にかけ米国在住の韓国人の 富豪などに対し女性芸能人らをあっせん、 一晩で1300万を受け取った疑いが持たれている。 有名タレントを米国に呼び寄せたケースでは

Read more

SNSで話題を集めた理不尽すぎるクレーム…共感してる人の気がしれない…

働いているとお客様の意見というのは貴重なものです。 スーパーなどでもご意見板のようなコーナーも存在しています。 しかし、クレームの中には非常に理不尽なものがあったりします。 今回はSNSで話題を集めた理不尽すぎるクレームを紹介します。 SNSで話題を集めた理不尽すぎるクレーム 除夜の鐘と煩悩 除夜の鐘がうるさいと苦情のため中止したり前倒しする地域が多発。 そもそも除夜の鐘とは欲望や怒りや苦しみなどの心の乱れである 108つの煩悩の数だけ鐘を撞いて煩悩を追い払うというもの。 『除夜の鐘がうるさい』というクレームはまさに煩悩なんだから、 むしろ鐘を撞きまくった方がいいと思う。 — K (@vaspidj) 2017年12月16日 喫煙者に対するブラックユーモア いつの間にか撤去されてたけど、その昔某動物園の喫煙所に貼ってあったコレ、最高にブラックユーモアで好きだった。利用者からクレーム来たんだろうとは思うけど、断固として続けて欲しかった。 pic.twitter.com/31FzcUWAs8 — 肥後乃吟 悌順@( ༎皿༎ )スヤァ (@Mind_Drive) December

Read more

生活保護で年収が1150万…生活保護の実態に批判殺到…

生活保護で年収が1150万… 驚愕の実態に批判殺到… 生活保護で年収が1150万円超 受給世帯はどれだけいるのか 受給世帯当たりどれくらいの費用がかかっているのか 生活保護では上記の事に関心が高くなっています。 厚労省が公開しているデータで都道府県別の受給世帯数を 各都道府県内の市区の生活保護費の合計額で割った 都道府県別受給世帯当たり生活保護費が算出されました。 市区の生活保護費の合計額でいえば最も多かったのは東京都の6,045億円。 次いで大阪府の5,896億円、神奈川県の2,903億円。 しかし、この金額は人口数によって順番が変わってきます。 受給世帯当たりの生活保護費が最も高かったのは 神奈川県の年間1,154万7,005円となった。 これを見ると生活保護で年収が1150万円 というシャレにならない現実があります。 現実として本当に必要な人には適用されず 不正受給の問題もいまだにあります。 増え続ける生活保護受給者 現在、不正だけでなく そもそもの生活保護世帯が増え続けています。 世帯数は3か月連続で最多を更新し続けています。 2016年10月時点で生活保護を受けた世帯が 前月より964世帯多い163万7866世帯となり、 3か月連続で過去最多を更新したと発表されたのです。

Read more

戦場カメラマン・渡部陽一がテレビから消えた理由…裏の力が働いていた…

戦場カメラマン・渡部陽一がテレビから消えた理由… 裏の力が働いていた… 戦場カメラマン・渡部陽一とは 名前:渡部陽一(わたなべ よういち) 生年月日:1972年9月1日 出身:静岡県富士市 血液型:A型 身長:180cm 学歴:明治学院大学法学部 職業:戦場カメラマン、フォトジャーナリスト、タレント 渡部陽一さんは本業は戦場カメラマンですが その独特の話し方で人気を集め、 タレントとしても活躍されていました。 とても穏やかな雰囲気の方で優しそうな印象を受けます。 渡部陽一さんがテレビから消えた理由 「戦場カメラマン」というキャラで 主にバラエティ番組に多く出演していた渡部陽一さん。 娯楽番組にある程度社会時事的な イメージを持ちこむことには成功したといって良いでしょう。 ウケるために敢えてあのしゃべり方をしてバラエティ番組で人気を得ましたが、 イスラム国による日本人質事件が大ニュースとなった時、 渡部陽一は今までのしゃべり方でテレビで語るわけにはいかなくなりました。 そのため、徐々にテレビに出られなくなった理由が 以下の内容だとネットで話題にされたのです。

Read more

日本731部隊が実行した9つの人体実験が鬼畜すぎる…

第二次世界大戦当時、大日本帝国陸軍の研究機関として 満州に実在した部隊731部隊をご存知ですか?? 部隊731に関するエピソードは鬼畜すぎるものばかりでした。 今回はそんな日本731部隊が実行した9つの人体実験を紹介します。 日本731部隊とは 第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。 正式名称は関東軍防疫給水部本部で 731部隊の名はその秘匿名称(通称号)である満州第七三一部隊の略です。 731部隊は人体実験を主な研究内容としており、 対象者は捕虜として捕まえたロシア人、アメリカ人、朝鮮人、 中国人、モンゴル人など、複数の国籍の人々。 日本人も人体実験の対象として残酷に殺されており、 敵も味方も関係なく人体実験を行っていたとされる。 戦時中に中国大陸で捕虜などに人体実験を重ねた 旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が 「毎日2~3体、生きた人を解剖した」と証言しており、 この部隊は鬼畜集団として知られています。 当時の報告書を読むと今では信じられない残虐行為をしていました。 日本731部隊が実行した9つの人体実験 1.ペスト菌を注射 ペスト菌を注射し、発病するまでの経過を観察。 最終的に生きたまま解剖し、血液の採取や内臓の取り出しをする。 麻酔をしないため苦しみながら絶命する。 2.生きたまま麻酔ナシで解剖 ペスト菌感染者だけでなく、あらゆるパターンで

Read more

「植物にコレがついていたら速攻捨てろ!」フェイスブックのある投稿が話題に!

「植物にコレがついていたら速攻捨てろ!」 フェイスブックのある投稿が話題に! 世の中には観葉植物を部屋に飾っているという人は多いと思います。 飾っているだけでなんだか部屋全体がオシャレになるような気がします。 しかし、どうやら気にしなければならないのは水やりだけではないようです。 まつぼっくり…? 先日、あるフェイスブックユーザーが投稿した写真が話題となりました。 まつぼっくりみたいに見えるけど、 よく見ると少し違う…一体なんだろうか? この投稿をしたダニエル・リードさんいわく、 この物体見つけたら、それがついている部分を切り取って すぐに捨てるべきだそうだ。 もしかして中に盗聴器が入っている新手の犯罪道具とか? いや、これはまつぼっくりでも犯罪道具でもない。 実は…カマキリの卵なのです… カマキリの卵 発見者であるダニエルさんの用意したクリスマスツリーには このカマキリの卵が2つもついていたらしい。 フェイスブック上に先ほどの写真をアップロードし、 「このかたまりを見つけたら家の中に持って入らないで! 家の中で100匹、200匹のカマキリの幼虫が生まれることになるよ!!」 と注意を呼びかけた。 ダニエルさんは卵に気付き、すぐに取り除いたそうだ。 「家の中にカマキリの幼虫はいなかった。いいクリスマスだったよ!」 と話してくれた。

Read more