ゴルゴ松本が少年院で行った「漢字を使った魂の授業」に涙が止まらない…

ゴルゴ松本が少年院で行った
「漢字を使った魂の授業」に涙が止まらない…

漢字を使った魂の授業

フジテレビ「ジャネーノ!?」で紹介されたゴルゴ松本が少年院で行った
「漢字を使った魂の授業」が感動を呼んでいます。

犯罪に手を染めてしまった少年たちとしっかりと向き合い、
コミュニケーションをとりながら「命」や「人生」について、
魂のこもった授業を行うゴルゴ松本の姿にとても感動します。

命について改めて考える魂の授業をぜひご覧ください。
きっとあなたの胸に響くはずです。

ネットでの反応

・全国の学校、施設をまわってほしい。それぐらい心を打つ良い授業だった。

・先生がメモをいくらとれと言ってもとらない子どもが多い中
自然とメモをとりだす少年院の子達に対して感動した。

・ゴルゴさんの授業内容濃かったですね。
確かに漢字には意味がありますが、
今回の「吐」や「幸」など「-」があるのとないのとでは、
全然違った意味になります。
今後の人生に役立ちそうです。

・罪を犯してもやり直せる。
ゴルゴ松本は心からそう思ってるから、この子達に伝わる。
うわべで言っても伝わらない。
熱心に伝えれば子供達には必ず伝わる。
綺麗事や、自分の利益しか考えない大人は子供達には分かる。
ゴルゴ松本にはそれはないんだろう。
だから素直に聞くことが出来る。

・殺人しでかしたような奴はともかく、
しょうもないコソ泥やカッとなって
殴ってしまったくらいのやつは更生してほしいね