ドラマ・金八先生が地上波で再放送されない理由…日教組による反日ドラマだったという闇が発覚…

ドラマ『金八先生』が再放送されない理由
日教組による反日ドラマだったという闇が発覚…

3年B組金八先生とは

3年B組金八先生は1979年(昭和54年)から
2011年(平成23年)までの32年間にわたって、
TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ

日本の学園ドラマの金字塔と称される作品です。

ドラマ『金八先生』が再放送されない理由

国民的学園ドラマとして人気を博した『3年B組金八先生』。

そんな名作ドラマの過去作がなかなか再放送されない理由がありました。
それは日教組による反日思想の刷り込みのためのドラマだったことが発覚したからです。

3年B組金八先生は1979年から2011年までに全8シリーズが制作・放送されていました。

武田鉄矢演じる中学教師の坂本金八が
教え子の悩みに体当たりで応える感動物語だが、
気になるのは随所に登場した「反日思想」

最たるものは1982年10月放送のスペシャル版「贈る言葉」である。

視聴率33%を記録したこのスペシャル版では
桜中学を卒業した教え子が同窓会を計画するのだが、
物語の最中、弥市という体格の良い男子生徒が
「高校を出たら自衛官になりたい」と口にすると
和やかなドラマの様相が急転。おどろおどろしい音楽が流れ、
顔面蒼白の金八先生が「弥市が自衛隊……」とうめく。

その後、多くの登場人物が自衛隊を「攻撃」するこんなセリフを次々と呟く。

〈自衛隊と言っているけど、ありゃ軍隊だろ。
軍隊なんてものは、戦争するためにあるんだろ〉

〈私、やだ。弥市に鉄砲、持たせるなんてこと。
自衛隊の練習、ほらテレビで見たでしょう。あれはまるで戦争よ〉

当時、日教組の強かった学校現場では
確かに「反自衛隊」の風潮があった。

実際、ある高校生が担任に「自衛隊に入りたい」と相談したら
「お前は軍事オタクか」とからかわれた例もある。

日教組教師は自衛隊を悪と決めつけて断罪し、
自衛隊こそが国や国民を守るという視点が欠如していた。

ドラマで最も激しく自衛隊を批判するのは
兄が学徒出陣で戦死したという君塚校長(赤木春恵)。

兄の志を継ぐため教職を選んだ彼女はこう語気を強める。

〈当時の教師のスローガンというのは
『教え子たちを二度と戦場に送るな』でした。

ところが近頃は就職斡旋の一つとして
自衛官募集のパンフレットを生徒に手渡す学校や教師が出てきた。
これは一体どういうことでしょうか〉

「教え子を戦場に送らない」は日教組のスローガンであり、
君塚校長の言葉は典型的な日教組の主張である。

国民的な学園ドラマで政治的なスローガンを垂れ流すのは、
放送の公共性に鑑みて問題ではないか。

しかも視聴者の中には親が自衛官という生徒もいたはずだが、
その子の心境をまったく考えていない。

今なら自衛隊関係者の人権問題にまで発展しかねない、
悪質なヘイトスピーチと言えます。

金八先生をそんなふうに観たことは一度もないですが・・・
いろんな意味で大注目の番組であったのは間違いないですね。

ネットでの反応

・時代そのものが狂ってた感じだね
それこそ戦時中を遥かに越えるレベルでw
左翼の罪は重い

・30年以上前に長髪で教師をやってる時点で
異端者というか異常者、
生徒に容姿について注意してもいう事なんぞ聞かないだろ。
妊娠とか校内暴力とか片田舎まで浸透させたクズドラマ。

・今だったら抗議で打ち切りだろうけど
そういう時代だったていうだけだな

・知らなかった、昔の日本ってフリーダムだったんだな