希望の党・中山成彬また失言「安倍首相交代は許されない、前原は言うだけ番長、辻元と一緒冗談じゃない」

小池都知事率いる「希望の党」に参加した中山成彬元衆議院議員の失言が止まらない。
中山成彬元議員は、希望の党からの出馬が予定されているが、民進党から辻元清美衆議院議員らを含めて合流することを「絶対ダメと釘を刺していた」と小池百合子代表に先輩風を吹かし、合流のキーマンである前原誠司民進党代表を「言うだけ番長」と罵り、選挙では対立するはずの自民党に関しては「安倍首相の交代は許されない」と、反党行為に値する失言を投稿している。

中山成彬元議員は26日にも「日本のこころの政党助成金も自民党に入る。平沼氏達の借金も返し、身一つで希望の党に参加する。側で見ていてわが妻ながら見事な身の処し方だと思う」と投稿したが、多くの批判を浴び投稿を削除している。

落選中の身分をわきまえない

中山成彬元議員は自民党を除名され、その後に渡り歩いた党でも落選を繰り返している。
妻である中山恭子参議院議員が率いた「日本のこころ」が消滅することが決定的になり、小池新党に夫婦で参加する際にも党の支部長達にも連絡はせず、自分たちだけ小池百合子知事に命乞いをしている。
その身分でありながら「小池代表には民進党丸ごとの合体は絶対ダメ」と小池代表に釘をさせるとは到底思えない。

また、前原代表のことを「言うだけ番長」と罵っているが、希望の党が政権交代可能な勢力を確保するには、前原代表の決断が鍵となり、民進党の支持母体である「連合」の支持を得られるかどうかもかかっている。完全に政治音痴としか言いようがない。

辻元清美議員らリベラル派とは合流できないという意見は当然だが、落選中で議席を確保していない人間が口を出せる問題ではないだろう。こういった無用な牽制がリベラル派の中でも比較的中道な議員や未だに参加を表明していない保守系議員を遠ざける結果にもなりかねない。
希望の党に参加しない議員らが、民進党存続を望んだり、革新勢力結集に参加した場合は選挙で敵対することになる。

この御仁が自民党に未練があるのは勝手だが、自身が除名された過去がネックとなり、日本のこころが丸ごと自民党に合流できなかった責任をどう考えているのだろうか?
自身が単独で離党すれば中山恭子を筆頭に自民党合流もあり得た話だ。希望の党に賛同できない党員は宙に浮いたままだ。中山夫妻についていく意思を見せている予定候補者も誘いがなく身動きできない状況になっている。

どう考えても、中山成彬だけが引退すれば万事解決ではないだろうか?