橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」

橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」

橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」

橋下徹弁護士

前大阪市長の橋下徹弁護士が30日、ツイッターで、衆院選を前に希望の党への合流を巡って混乱する民進党に関して「選挙くらいでこんなドタバタぶり」「ほんとこの党は国家運営を担えない集団だったんだなと改めて感じる」と投稿した。

希望の党の小池百合子代表が、民進党からの合流組に関して「全員を受け入れる考えはさらさらない」と、選別したうえで公認を出すことを表明し、民進内は混乱を極めている。

橋下氏は、これまでも希望と民進を巡る動きに「与野党の激しいエネルギーのぶつかり合いが政治を以前よりましなものにする」とする一方で「どんなメンバーが希望の党を構成するのか。ポンコツガラクタは一掃して欲しい。これまでの民進と代わり映えしなければ大失望の党になる」と指摘している。

また「ポンコツ議員をこんな短期間で整理するのは、小池さんの公認権に委ねる方法しか実際はない」とも。

ただし、自身が維新代表を務めた当時のメディア論調を「僕が石原さんや江田さんと組もうとしたときには、重箱の隅を突くような細かな政策の一致やこれまでの言動との整合性を求めた」と振り返ったうえで「ところが希望と民進の合流は反安倍でとにかくOKだって。国民はそんなに甘くないし、そんなことやってるからメディアの信頼が落ちる」と断じた。

この日は、民進の混乱について「希望に合流しない者たちを、ドンとまとめる者はいないのか。現執行部から金を引き出す知恵者はいないのか」とも投稿した。