深夜のタクシー恐怖体験…帰宅して降りようとすると信じられないことが…

深夜のタクシー恐怖体験
帰宅して降りようとすると信じられないことが…

深夜タクシーでの恐怖体験

これは深夜にタクシーで帰宅していた人の実際の体験談。

深夜にタクシー帰宅。

仕事の残業、飲み会など終電を逃して
タクシーで帰宅することは少なくはないと思います。

でも、家の近くに着いて降りようとしたら
外に顔面から血を流したオジサンが
立っていたらどうしますか?

ある日、業務が中々終わらず
終電もなくなり深夜に帰宅したそうです。

仕事終わりでクタクタに疲れながら
タクシーで支払いを済ませて降りようとした時…

「今は、降りない方がいいです!」と、
タクシーの運転手さんが小声で教えてくれました。

言っている意味が全くわからなかったのですが
その言葉の意味がすぐにわかったそうです。

その理由は…

「顔から血を流していたオジサンがドアの外から、見ていた!」

という、驚愕の事実だったのです。

しばらくしたら
血を流したオジサンはタクシーから離れたそうなので
運転手さんにお礼を言って、
速攻で自宅のマンションに駆け込んだそうです。

今だから思うのですが
血を流したオジサンはタクシーに乗りたくて
タクシーの中に乗っているお客さんを
見ていたのかもしれません。

いずれにしても深夜に血まみれのオジサンがいたら
想像しただけでも鳥肌が立ってしまいますよね((((;≡д≡;i))))

ネットでの反応

・オレだったら、チビりそう

・その状況は、怖すぎません?

・その後のタクシーの運転手が心配

・何らかの騒動があったに違いない

どんな理由であれ血まみれのオジサンがいたら普通に怖いですよね。

今回は何事もなかったのですが
実は、私達が知らないだけで
タクシーのトラブルはかなり多いようです。

そんなタクシートラブルの一部を紹介します。

身体障害者だからいいでしょ!

タクシートラブルで一番多いのは運賃トラブル!

これは老若男女問わずかなり多いようです。

目的地に着いても

「道を間違えた」

「時間が遅かった」

など様々な難癖をつけて運賃を払おうとしないそうです。

中には大声を張り上げて手のつけようのない人もいるようです。

でも、一番厄介なのがお婆さんだそうです。

目的地に着いて料金を運賃を請求したら

「私身体障害者だから。これでいいでしょ」

と言って半分も払わないそうです。

障害者手帳も提示せずに
本来は値段を下げることはありえないのですが
強気なお婆さんが多いようで
中々料金を払ってもらえないそうです。

タクシードライバーの給料は決して高いわけではないので
こういう運賃トラブルは「本当にやってられません」と
愚痴をこぼすドライバーも多いのだとか!

急な行き先変更

次にトラブルが多いのが目的地までの道順の問題のようです。

乗客に行き先を言われれ道順を乗客に確認して了承を得ても
到着した時は遠回りしたと難癖つけられるようです。

中にはタクシーに乗っても「とりあえず真っ直ぐ行って」など
行き先すら伝えてくれない客もいるそうです。

中でも一番タチが悪いのが急な行き先変更。

目的地が近づいて止めようとすると
「あ、やっぱりこっちじゃなくてあっちで止めて!」とか
交差点で曲がろうとしているときに
「真っ直ぐが近道だから、真っ直ぐ行って」など

交通量が少ない道路なら融通聞くから問題ないのですが
朝のラッシュ時などで後続車が大量の時は命の危機を感じるそうです。

中でも一番怖かったのは高速道路の追い越し車線を
走っている時にいきなり「ここのパーキング入って!早く!」と突然言われれて
後続のトラックに接触仕掛けて事故りそうになったことがあるそうです。

あまりにも危なかったので突然の進路変更の理由を聞くと

「ここのパーキングエリアのコロッケが美味しいとネットで見たから食べたくなって」

コロッケが食べたい為に行き先変更を伝えたそうです。

このご時世で高速道路を使ってくれるお客さんはかなりありがたいのですが
コロッケ一個の為に命の危機にさらされてもと思ったり…

運転手にお願いすれば
なんでもしてくれると思いがちになってしまいますが
運転手も乗客と同じ人間。

運転には限界があるので無理な注文はほどほどにしてあげてくださいね。