5秒でできる姓名判断が当たり過ぎて怖いすぎると話題に!(解説画像あり)

(解説画像あり)
5秒でできる姓名判断が当たり過ぎて怖いすぎると話題に!

名前の頭文字だけで性格がわかる姓名判断

名字は変わる可能性があるかもしれません。
しかし、名前は改名しない限り、一生変わることはないです!

親がつけてくれた最初のプレゼントですが…
その名前の頭文字で性格がわかる姓名判断が話題になっているそう。

性格がわかる姓名判断

「あ」行の人

◾️創造力・積極性・開拓精神
基礎の音をあらわす母音は、全ての音のパワーとなる特別なもの。
あ行の音には開拓、開発、独走などのイメージがあります。

率先して物事を行うリーダーさんというイメージがありそうですね。

「か」行の人

◾️競争力・協調性・信念
勝つ、競う、克服、協力など
か行の音は相手あっての行為や状況に多く使われます。
人から目を離さないなどのイメージがあります。

仕事を補佐する人や、世話好きな人が多い気がします。

「さ」行の人

◾️直感的・正確・鋭い
そっと、さっとなど、さ行の音は「正確」「鋭い」「繊細」といった印象。
一方、ざ行は「おおまか」というイメージを持ちます。

自分の感性に正直な人が多そうですね。

「た」行の人

◾️実行力・行動力・瞬発力
とっかかるなど、勢いのある動作をあらわすことから
「実行力」「瞬発力」を想起させます。

だ行は「貫徹する力」のイメージ。

企画立案など、会社の重要案件に関わる仕事を担う人が多そうですね。

「な」行の人

◾️おおまか・おおらか
「なあなあ」「ぬくぬく」といった具合にリラックスを感じさせるのがな行。
おおらかでナチュラルな印象の名前をつくることが出来ます。

集団の和ませ役というイメージがあります。

「は」行の人

◾️柔軟性・あたたかさ
ふわふわ、ひらひら、ほのぼの・・・。
「やわらか」で「温和」な響きを感じます。

逆に“ば行”は「闘志」や「活動」を想起させる響きに。

癒し系とか、集団のカンフル剤のような存在を連想させます

「ま」行の人

◾️内容が豊か・包容力がある
世界各国で母親のことを「ママ」と呼ぶように、
ま行は「やさしく包み込む」パワーを秘めている音です。

母性溢れる人が多そうですね。

「や」行の人

◾️深い・ゆとりがある
「やんわり」「ゆったり」「ゆうゆう」など、安定やゆとりを感じる一方、
「夕」「幽」「憂」などに示されるように奥の深いイメージも。

最近は、ゆとり世代なんて半分差別のような言葉もありますが、
本来は余裕のある安定感の高さをイメージする言葉ですね。

「ら」行の人

几帳面・綿密
「理屈」「倫理」「ルール」など、ら行の音には
「すじ道をつける」「けじめをつける」といった几帳面なイメージを持たれます。

「わ」行の人

まとめる・全体を把握する
「和」「輪」など一体感を感じさせるのが、
わ行の音の特徴。

全体をまとめる器の広さや誠実さ、リーダーシップのイメージも。

「を」と「ん」では名前がほとんど付けられないので、
実質「わ」のみですね。
解説のとおりの印象が感じられます。

以上で性格がわかる姓名判断でした!
多少抽象的な部分も含まれていますが、
イメージとしてはおおよそ当てはまるところがあると思います。

子供に名前を付ける際にも、参考になるかもしれませんよ??