ドラマ・金八先生が地上波で再放送されない理由…日教組による反日ドラマだったという闇が発覚…

ドラマ『金八先生』が再放送されない理由… 日教組による反日ドラマだったという闇が発覚… 3年B組金八先生とは 3年B組金八先生は1979年(昭和54年)から 2011年(平成23年)までの32年間にわたって、 TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ。 日本の学園ドラマの金字塔と称される作品です。 ドラマ『金八先生』が再放送されない理由 国民的学園ドラマとして人気を博した『3年B組金八先生』。 そんな名作ドラマの過去作がなかなか再放送されない理由がありました。 それは日教組による反日思想の刷り込みのためのドラマだったことが発覚したからです。 3年B組金八先生は1979年から2011年までに全8シリーズが制作・放送されていました。 武田鉄矢演じる中学教師の坂本金八が 教え子の悩みに体当たりで応える感動物語だが、 気になるのは随所に登場した「反日思想」。 最たるものは1982年10月放送のスペシャル版「贈る言葉」である。 視聴率33%を記録したこのスペシャル版では 桜中学を卒業した教え子が同窓会を計画するのだが、 物語の最中、弥市という体格の良い男子生徒が 「高校を出たら自衛官になりたい」と口にすると 和やかなドラマの様相が急転。おどろおどろしい音楽が流れ、 顔面蒼白の金八先生が「弥市が自衛隊……」とうめく。 その後、多くの登場人物が自衛隊を「攻撃」するこんなセリフを次々と呟く。 〈自衛隊と言っているけど、ありゃ軍隊だろ。 軍隊なんてものは、戦争するためにあるんだろ〉

Read more

【修羅場】女子高生「妊婦マジうざーい!」 → イタズラのつもりか、私を引っ張ってきた。お腹をかばおうとした結果・・・

今年の春の出来事、主人の仕事仲間のお花見に参加させてもらったときの話です。 私は主人と後輩くんと近くのお花見スポットに場所取りをしようと移動していました。 私(26) 7ヶ月妊婦 主人(34) 西郷隆盛似 主人同僚(男女)6人 女子高生3年 A子 B子 大学生2人組 駅近くの歩道橋の階段を上っていると後ろからでっかい女子高生2人の声。 なんだかすっごくキレています。 「場所取り多くね?」「マジうざーい!」「とっとと歩けってのー!」 ぅわー…と思いつつ、遅いのは確かなのでお弁当を持ち替えて急いで登ろうとした瞬間、 ガリっと後ろに引っ張られる感覚が。というか痛い! その時見たのは女子高生のニヤニヤ笑い。 女子高生Aが後ろのブラをひっぱってたのです。 たぶんバレないイタヅラのつもりだったんだろうけど ちょうど両手を離してたのとちょっと立ち止まったため 本人が思ったより強くつかんだんでしょう。 とっさにお腹をかばおうとして、女子高生B子にぶつかり、 落ちたお弁当は後ろの大学生にぶつかりおにぎりは散乱。 その後・・・ 体中打ちつけはしたけど下までは落ちずなんとかお腹も無事。 大学生2人が残りの弁当と私が落ちるのを防いでくれました。 あまりのことに頭がぼーっとしてしまっていたら女子高生達が騒ぎ出した。 下に落ちるときにぶつかったB子のアイポッドが落ちたらしい。

Read more

歴史の授業で韓国人が「日本人は謝罪しろ」静まりかえる教室内でアメリカ人留学生が言ったことに韓国人は・・・

歴史の授業で韓国人が「日本人は謝罪しろ!」 静まりかえる教室内でアメリカ人留学生が言ったことに韓国人は・・・ 歴史の授業で韓国人が「日本人は謝罪しろ」 大学で史学科を専攻してたのだが、 どうしようもない韓国人が居いた。 まず人の話を聞かず、 教授があれこれ説明していると 「それは違うんです!」 とありもしない語りを始める。 もちろん突っ込みを入れるのは 朝鮮に関わりのある話だが例としては 唐辛子は朝鮮が日本に伝えた、等。 そして第二次世界大戦の授業になった際、 この韓国人は恐ろしいまでに発狂した。 教授が説明を始めるといきなり 「はい!!」 と手を挙げ、教授の返事を待たずに起立。 「まず最初にみなさんに言っておきたいのは、 みなさんは私に謝罪しなければいけないということです」 と始まってみんなアチャーな雰囲気が流れてて、 アメリカの留学生も失笑してたんだが 「慰安婦問題は、日本人が攻撃的である証明」 「われら誇り高き朝鮮民族は そんな日本人からの弾圧に耐え、戦勝国となった」 などとまくしたてる。

Read more

「ぶつかってきた人に謝ってはダメ」 母から娘へのメッセージが、心に響く

「ぶつかってきた人に謝ってはダメ」 母から娘へのメッセージが、心に響く 女性作家のトニ・ハマーさんが娘さんに贈ったメッセージが、多くの人を勇気付けています。 人は他人との関わりの中で、「相手に合わせなければ」「無理にでも笑わなければ」というように、少なからず心の制約を受けます。 しかし、トニさんはそんな生きかたを真っ向から否定。 彼女が娘に贈った力強いメッセージを、じっくり読んでみてください。 To my daughter,Don't apologize when someone else bumps into you.Don't say "sorry to be such a pain." You're not a…

Read more