名古屋闇サイト殺人事件の真実…死刑でも生ぬるい事件だった…

名古屋闇サイト殺人事件は2007年に起きた 面識がなかった男3人がインターネットサイト上の 闇の職業安定所を通じて知り合い、犯行に及んだことから、 犯罪請負などの情報があふれる「闇サイト」が当時、社会問題となった事件です。 今回はそんな名古屋闇サイト殺人事件の真実を紹介します。 名古屋市で起きた「闇サイト殺人事件」の 神田司死刑囚の死刑を執行しました。 神田死刑囚は2007年、携帯電話の闇サイトで知り合った男2人とともに、 名古屋市で磯谷利恵さん(当時31)を拉致して殺害した強盗殺人などの罪に問われ、 2009年、一審の名古屋地裁で死刑判決を受けました。 その後、自ら控訴を取り下げ、死刑が確定。 共犯の男2人は無期懲役が確定しています。 死刑の執行は上川法務大臣の下では初めてです。 闇サイト殺人事件とは 2007年(平成19年)8月24日に愛知県名古屋市内で発生した強盗殺人事件。 闇サイトが犯行グループ結成に利用されたことが注目された。 愛知女性拉致殺害事件ともよばれる。 2007年8月24日午後10時頃、 名古屋市千種区の路上を歩いていた31歳の女性を 男3人は道を尋ねる振りをして、強盗目的で拉致した。 犯行グループ3人は日常生活で面識はなく、 知り合って犯行を行うきっかけとなったのが 携帯電話サイト「闇の職業安定所」という 犯罪者を募集する闇サイトである。 にわかつくりの犯罪実行グループであった。

Read more

【愕然】母親が娘の写真を投稿した2秒後、娘は死亡。その理由がヤバ過ぎるとネットで話題に・・・

【愕然】 母親が娘の写真を投稿した2秒後、娘は死亡。 その理由がヤバ過ぎるとネットで話題に・・・ 母親が何気なく娘の写真を投稿した2秒後、娘は死亡した。 その理由に誰もが戦慄した… あなたにも起こりうるその理由とは… 話題になった動画 メール、メッセージや写真などが死の原因になっているのです。 「たったの数秒だから」安全との思いが、 私たちを注意散漫にして死へと導いているのです。 どんなメールや写真も命ほど重要なことはありません。 「後にしましょう」というメッセージをみんなに広めましょう。 引用元:http://fbnetasokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-2850.html

Read more

100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった!昔の日本人は尋常じゃなかった…

100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった! 昔の日本人は尋常じゃなかった… 100年前の日本人は世界最強の体力を誇る民族だった 明治期までの日本人が今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、 当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。 その一つにドイツ帝国の医師・ベルツの手による「ベルツの日記」です。 ベルツの日記 ベルツ(本名:エルヴィン・フォン・ベルツ)はライプツィヒ大学で内科を修めた後、 27の歳に明治政府によって招聘され、以後29年間日本に滞在する。 幕末から明治にかけて日本が「殖産興業」を目的に 先進技術や学問・制度を輸入するために雇用した、 いわゆる「お雇い外国人」の一人だった。 東京医学校(後の東京大学医学部)において医学や栄養学を教授し、 滞在中日本人女性(花子)を妻に娶っている。 そのベルツがある日東京から110km離れた日光に旅行をした。 当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。 しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、 なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。 しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。 普通に考えれば人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、 これではまるで逆である。 この体力はいったいどこから来るのだろう。 ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、 「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。 聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。

Read more

韓国ソウルのバス、慰安婦像だらけで乗客が座れなくなる

韓国のバスに乗る慰安婦像が大量に増える大暴挙! ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・韓国のバスに乗る平和の少女像が増える ・期間を終えて旧日本大使館前に向かう ・祝日をそこで過ごすことに 8月14日から9月30日までの期間、韓国の市バスの151番バスに慰安婦像が設置されていた。151番バス全てではなく、その中の5台に慰安婦像(実際はマネキン)が設置されており、場所はバスの一番前の席に一体。 しかしこの期間が終わった10月2日、秋夕(チュソク)を迎えるため、帰郷させるために慰安婦像をバスに乗せるというツアーが行われた。これは市民の提案を受けてバス会社が準備したもの。 バスの中には大量の慰安婦像が乗車しており、これはそのまま旧日本大使館前に向かう。 旧日本大使館に到着するとこれらの慰安婦像はその場で降ろされ並べられた。 上記に出てきた秋夕とは韓国でのお盆のこと。今年の旧盆は4日で今日から大型連休に入っている。 関連:慰安婦像が韓国の市バスに期間限定で乗ってるぞ! インスタ栄えするな 全ての画像はこちらからご覧ください 2017.10.02 http://dailynewsonline.jp/article/1360815/?page=all 1 :名無しさん@おーぷん:2017/10/03(火)13:24:16 ID:yiW 馬鹿だろ? 2 :名無しさん@おーぷん:2017/10/03(火)13:27:09 ID:yYa わろたたたたた 4 :名無しさん@おーぷん:2017/10/03(火)13:45:13 ID:yiW

Read more
橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」

橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」

橋下氏、希望と民進の合流「国民は甘くない」「ポンコツガラクタ一掃して」 橋下徹弁護士 前大阪市長の橋下徹弁護士が30日、ツイッターで、衆院選を前に希望の党への合流を巡って混乱する民進党に関して「選挙くらいでこんなドタバタぶり」「ほんとこの党は国家運営を担えない集団だったんだなと改めて感じる」と投稿した。 希望の党の小池百合子代表が、民進党からの合流組に関して「全員を受け入れる考えはさらさらない」と、選別したうえで公認を出すことを表明し、民進内は混乱を極めている。 橋下氏は、これまでも希望と民進を巡る動きに「与野党の激しいエネルギーのぶつかり合いが政治を以前よりましなものにする」とする一方で「どんなメンバーが希望の党を構成するのか。ポンコツガラクタは一掃して欲しい。これまでの民進と代わり映えしなければ大失望の党になる」と指摘している。 また「ポンコツ議員をこんな短期間で整理するのは、小池さんの公認権に委ねる方法しか実際はない」とも。 ただし、自身が維新代表を務めた当時のメディア論調を「僕が石原さんや江田さんと組もうとしたときには、重箱の隅を突くような細かな政策の一致やこれまでの言動との整合性を求めた」と振り返ったうえで「ところが希望と民進の合流は反安倍でとにかくOKだって。国民はそんなに甘くないし、そんなことやってるからメディアの信頼が落ちる」と断じた。 この日は、民進の混乱について「希望に合流しない者たちを、ドンとまとめる者はいないのか。現執行部から金を引き出す知恵者はいないのか」とも投稿した。

Read more

「もう一緒にいない方がいい」ガンを発症した彼女からの言葉に対し、彼が起こした行動とは・・・

「もう一緒にいない方がいい」 ガンを発症した彼女からの言葉に対し、 彼が起こした行動とは・・・ 舘石彩(たていしあや)さんは約1年前に「骨肉種」という 骨にできるガンを患いました。 手術と抗がん剤治療で一時は回復に向かったものの、 約1ヶ月前に再発してしまいました。 その時、交際7年目になる彼、花島工真(はなしまたくみ)さんには、 「もう一緒にいない方がいい」「もう別れた方がいい」と伝えます。 もちろん本心ではなく、工真さんの今後の事を思っての心遣い。 それでも工真さんには一緒にいないという選択肢はなく 「ずっと一緒にいるつもりだよ」と伝えました。 そんな二人は千葉県出身で千葉ロッテマリーンズの大ファン。 これまで一緒に観戦に訪れるだけではなく学生時代には 共にQVCマリンフィールドでアルバイトをしていたそうです。 そんな二人の思い出の場所であるQVCマリンスタジアム。 2015年5月31日(日)工真さんは 彩さんをQVCマリンスタジアムで行われるロッテの試合観戦に誘います。 彩さんが楽しそうに観客席で試合開始を待っていると 始球式プロポーズのイベント開催のアナウンスが流れます。 そしてスクリーンに映しだされたのはなんと、隣にいる彼の姿! まさかのサプライズに驚く彩さん。 映像が流れた後に2人が紹介され、グラウンドに立ちます。 そして彼から投球の前に宣誓の言葉。 「びっくりさせてしまってごめんなさい。

Read more

ジオン軍のギレン・ザビ役の声優さんが伝説の演説を披露…銀河万丈さんの生演説の迫力に政治家も顔負け…

ジオン軍のギレン・ザビ役の声優さんが伝説の演説を披露… 銀河万丈さんの生演説に政治家も顔負け… ガンダムファンなら誰もが知ってるあの名シーン 『ガルマ国葬でのギレン・ザビの演説』 これをギレン・ザビ役の銀河万丈さんご本人が 生でやった時の映像がすごい迫力だと話題です。 この映像は数年ほど前の映像ですが 今だに熱いコメントが寄せられているようです。 今回はそんなギレン・ザビ役、銀河万丈さんによる生演説を紹介します。 ギレン・ザビ役、銀河万丈さんによる生演説 元ネタ これが声の役者の力なんですね! 声優・銀河万丈さんとは アニメでは「ラスボスと言えば銀河万丈」と言われるほど、 威厳のある悪役の声を得意とし、 また外画吹替えや『開運!! なんでも鑑定団』などのナレーションでもお馴染みの銀河万丈さん その独特の渋い声質から威厳のある悪役には定評があります。 また、アクの強い役柄を好み、 そういった役を巧みにこなす事でも知られている。 ニコニコではガンダムのギレン、北斗の拳のサウザー、 MGSのリキッド・スネークなどがそれらの代表格として有名。 また、幾つかのアニメ作品やテレビ番組ではナレーションでも出演しているが、 一部の人間にとってはそれら以上にむせる次回予告をする事でも有名です。 主な出演

Read more

希望の党・中山成彬また失言「安倍首相交代は許されない、前原は言うだけ番長、辻元と一緒冗談じゃない」

小池都知事率いる「希望の党」に参加した中山成彬元衆議院議員の失言が止まらない。 中山成彬元議員は、希望の党からの出馬が予定されているが、民進党から辻元清美衆議院議員らを含めて合流することを「絶対ダメと釘を刺していた」と小池百合子代表に先輩風を吹かし、合流のキーマンである前原誠司民進党代表を「言うだけ番長」と罵り、選挙では対立するはずの自民党に関しては「安倍首相の交代は許されない」と、反党行為に値する失言を投稿している。 中山成彬元議員は26日にも「日本のこころの政党助成金も自民党に入る。平沼氏達の借金も返し、身一つで希望の党に参加する。側で見ていてわが妻ながら見事な身の処し方だと思う」と投稿したが、多くの批判を浴び投稿を削除している。 落選中の身分をわきまえない 中山成彬元議員は自民党を除名され、その後に渡り歩いた党でも落選を繰り返している。 妻である中山恭子参議院議員が率いた「日本のこころ」が消滅することが決定的になり、小池新党に夫婦で参加する際にも党の支部長達にも連絡はせず、自分たちだけ小池百合子知事に命乞いをしている。 その身分でありながら「小池代表には民進党丸ごとの合体は絶対ダメ」と小池代表に釘をさせるとは到底思えない。 また、前原代表のことを「言うだけ番長」と罵っているが、希望の党が政権交代可能な勢力を確保するには、前原代表の決断が鍵となり、民進党の支持母体である「連合」の支持を得られるかどうかもかかっている。完全に政治音痴としか言いようがない。 辻元清美議員らリベラル派とは合流できないという意見は当然だが、落選中で議席を確保していない人間が口を出せる問題ではないだろう。こういった無用な牽制がリベラル派の中でも比較的中道な議員や未だに参加を表明していない保守系議員を遠ざける結果にもなりかねない。 希望の党に参加しない議員らが、民進党存続を望んだり、革新勢力結集に参加した場合は選挙で敵対することになる。 この御仁が自民党に未練があるのは勝手だが、自身が除名された過去がネックとなり、日本のこころが丸ごと自民党に合流できなかった責任をどう考えているのだろうか? 自身が単独で離党すれば中山恭子を筆頭に自民党合流もあり得た話だ。希望の党に賛同できない党員は宙に浮いたままだ。中山夫妻についていく意思を見せている予定候補者も誘いがなく身動きできない状況になっている。 どう考えても、中山成彬だけが引退すれば万事解決ではないだろうか?

Read more

日本のタクシーが外国人を乗車拒否…その理由に世界が感動…

日本のタクシーが外国人を乗車拒否… その理由に世界が感動… タイのタクシーが乗客を拒否することは タイ社会の数ある問題の一つです。 乗車拒否の理由としては ・ドライバーの自宅から遠い ・近すぎてぼったくれない ・行ったことが無い ・単純にめんどくさい などがあるそうですが、 タイのタクシードライバーの給料の低さが 原因だと言われています。 日本では考えられないことですが 今回紹介するのは日本のタクシーが タイ人を乗車拒否したという話題です。 日本のタクシーが外国人を乗車拒否 「日本のタクシーも乗車拒否するよ!」 パスポート更新で目黒のタイ大使館に行くために タクシーに乗りました。 しかし、運転手さんは地図を見ながら質問。 「タイ人の方ですか? ここから近道を通っていけば10分もかかりませんよ。 まっすぐ行って小さな看板のある道にはいればもうそこがタイ大使館です。 きっとその方が節約になると思いますがいかがしましょう? ただ、タクシーの方が都合よろしければもちろん喜んで行かせてもらいますが。」

Read more

離婚後、母のために体を売ってまで家計を支えた私…母が急死→信じられない事実が発覚した

離婚後、母のために体を売ってまで家計を支えた私… 母が急死→信じられない事実が発覚した 離婚後、母のために体を売ってまで家計を支えた私。 それから間もなく、母が心筋梗塞で急死した。 すると、母の遺品からたくさんの通帳が出てきて… 母のために家計を支え続けた私 私の両親は小学校低学年の時に離婚しましてた。 弟はまだ幼かったし、よく理解してなかったかもしれません。 その後父と会ったのは1度だけ(2年半後)で、その時には 母から 「父さんは、愛人と暮らすために私たちを捨てたのよ。」 と教えられてたので父から 「こちらで暮らさないか。」 と言われても、泣きながらそばにいる母にしがみつき、 「お父さん嫌い。二度と会いたくない。」 と断りました。 母は私たちを学校に送り出してから仕事に出かけ、 夜は水商売と1日中掛け持ちで働いてました。 貧乏でほしいものも買ってもらえないし、 冬場は暖房のない部屋で(危ないって理由らしいけど)弟と お腹を空かせて母の帰りを待ってました。 寒さで震えながらも、 私たちのために働いてくれてる母のことを思い我慢できました。 自分でも家事をおぼえ、 小6くらいからは家事を私がこなしてました。

Read more