【衝撃】騙された!!!?ネット通販で出会った、現実と違いすぎる洋服たち

騙された!!!? ネット通販で出会った、現実と違いすぎる洋服たち 今はネットで服を購入することも当たり前ですよね。 しかし、やっぱりこうなっちゃう時もあるんです・・・ 爆笑だったり、どこか切なかったりの ネットで服を買った結果の画像を集めました! いやいや全然違うw お風呂上り!? 素材がちがーう! これドレスじゃなくてランニングじゃん! 色しか合ってない しわしわでぺったんこのドレス スカート部分がカーテン・・・ タイトな服は失敗する ダボダボ・・・ チープ感満載 ちっちゃくなっちゃった!! 同じなのはフクロウだけ!? パリパリしてそう もうギャグ モデルが着ているのも脱いだらこんなものかも? モデルの違いよ・・・ レースの取って付けた感 学芸会の手作り衣装みたい・・・ ん?輝きが・・・

Read more

医師がモンスターペアレンツに言い放った一言に母親号泣…

医師がモンスターペアレンツに言い放った一言に母親号泣… ある共働きで3人のお子さんを育てるお母さんのエピソードが ネットで話題となっています。 いつもどおり、保育園へ子どもたちのお迎えに行くと困った顔をしている保育士さんが。 その後ろには物凄い形相で仁王立ちしている同じ園のお母さんがいました・・・ 長男のダイスケが年中の時なので、かれこれ10年以上前になりますか。 いつもの時間(19:00ギリギリ)にお迎えに駆け込むと 保育士の先生が困ったような顔をして「おかえりなさい、お母さん。実は今日・・・」と話を切り出しました。 あぁ、日中、喧嘩でもしたかな?と聞く姿勢をとる私を待っていたのは・・・ 事の発端は、ダイスケとお友達が遊んでいたら、 年長クラスのA君が「僕も(遊びに)いれて」とやってきて。 「いまはむりだからあとでね」とダイスケが応じると A君は不機嫌になり、ダイスケを小突き、ムッとしたダイスケが反撃。 突き出した指がA君の鼻のあたりを引っ掻いてしまった、というよくある話。 A君の傷も浅く、大事には至らず。 男児の成長過程としては、しごく真っ当な事例の「報告」だと思って聞いていたのですが。 続きが、ありまして。 相手方のお母さんがものすごく怒って待ち構えていました。文字通り、仁王立ち。 「いますぐに一緒に、総合病院を受診する」「傷跡が跡形もなくなるまで 整形外科にも通うが、保険は一切使わないから全治療費を負担しろ」と すごい剣幕でまくし立てるのでした。。 うちの子が原因なのに「保育の目が行き届かなかったために申し訳ない」と繰り返しながら、 担任&看護師も同乗してくれて、病院へ。 診察室に入ると、ふたたびA君の親は饒舌にダイスケの「悪行」を語り、 「跡が残らないように治療したい」と申し立てたのでした。

Read more

【まるでブラック企業の労働者?!】妊娠から出産までの子宮の中の様子を描いたマンガがおもしろい!

妊娠から出産までの子宮の中の様子を描いたマンガがおもしろい! 妊娠・出産とはいかに大変かをマンガにしてTwitterに投稿し続けた あるユーザーさんが大きな人気を博しています! なんと、妊娠中のお腹の中では 宿った受精卵をわずか10ヶ月で完全体の赤ちゃんにすべく、 日夜休み無く働き続ける人々(?)がいるようです・・・ その日は突然やってきた・・・『受精~着床』 【漫画】妊娠前の子宮の中の人たち pic.twitter.com/reYjC1qfIm — -EMI- (@e3_noguchi) December 6, 2015 妊娠初期の子宮の中は、ブラック企業!? 【漫画】子宮の中の人たち pic.twitter.com/1AcNAQOtcc — -EMI- (@e3_noguchi) September 12, 2015 胎動=トレーニング!?

Read more

小学校教師の実態…『8×7+17=73』を不正解にした驚愕の理由

「1袋8個入りのチョコが7袋と、ばらのチョコが17個あります。 チョコは全部でいくつですか?」 これに「8×7+17=73」と答えたらバツにされた!どうして!? 小学校教師が不正解にした驚愕の理由 Twitterに投稿された小学2年生の算数の回答が話題となっています。 「1袋8個入りのチョコが7袋と、ばらのチョコが17個あります。 チョコは全部でいくつですか?」 という問題に「8×7+17=73」と答えたら、 バツにされて意味がわからないという母親の投稿です。 内容は子供が宿題を先生に提出して 答え合わせをして返却されました。 その対応に納得ができないようです。 どう考えても「73こ」が正解のはずです。 しかも「8×7」(その下に「56」)と書いてあるところには赤ペンで「なにこれ?」と書いていますね。 教師は一体何が言いたかったのでしょうか? 「32」が正解になっていたという情報でさらに謎が深まりました。 下に「56」と書いてあるのが式ではないから不正解にされたのでは? という意見もありました。 投稿者の母親は教師に意図を問いただすべく「間違えていない」として再提出。 その結果教師から返ってきた言葉は・・・ 「かけ算をまだ習ってない」ということらしい。 学校で教えてないことをやったら不正解。 「(8+8+8+8+8+8+8)+17」が正解で、 言う通りにやらないと正解にはしてくれないというもの。 これに対しては

Read more

【衝撃】あなたは気付きましたか?妊娠過程を一定期間ごとにプリクラを撮った夫婦が話題に…プリの最後が…

あなたは気付きましたか? 妊娠過程を一定期間ごとにプリクラを撮った夫婦が話題に… 妊娠過程をプリクラで撮影するカップルっていますよね? カップル、そして生まれてくる子供にとっては最高の思い出になるんですが・・・ これからお見せするカップルの写真は最後にとんでもない結末が待っているんです。 最後にキスされたのは生まれてきた女の子 どんどん大きくなるお腹。 生まれてくる子供の成長ぶりが分かって、ちょっと感動的ですね。 しかし、本当の感動は最後に待っていました。 お母さんのお腹も大きくなっていっています。 毎回、お父さんがおなかの赤ちゃんにキスというポーズを変えていないのもいいですね。 最後は無事に女の子を出産し、 今度は生まれてきた女の子にお父さんがキスしています。 それまでキスのポーズを変えていないため、 最後のキスのポーズがより子供が生まれて幸せな感じを引き立てているように感じます。 ネット上では 「微笑ましい」 「幸せになって欲しい」 「現代的だな」 「ちょっと感動した」 「これは良いリア充」 と言ったコメントが多く寄せられていました。 すごく感動的なプリクラですね! パパ、ママ、赤ちゃんにとって良い記念になることでしょう! なんかしんみりとしちゃいます。

Read more

友人A子の家に泊まり入浴。私(何かおかしい・・)障子に小細工をして寝た結果・・・

友人A子の家に泊まり入浴。 私(何かおかしい・・)障子に小細工をして寝た結果・・・ 私にとって、すごいショッキングな思い出。 20年ぐらい前のことなんだけど、当時、私はまだ20代半ばの独身だった。 職場の同期で一番仲が良かった友人A子が突然田舎でお見合いして、寿退社。 それから半年ほど経った頃。 だいぶ落ち着いたから泊りで遊びにきてと招待され、 お言葉に甘えて遊びに行ったんだ。 義理のご両親が建ててくれたという新居は大きくて立派な日本家屋だった。 客間として用意された和室は12畳もあって 玉の輿だとは聞いてたけどほんとにすごいなぁって感動していた。 でも、まさかあんなことが起きるなんてね・・・ 披露宴で初めて紹介されて2度目に会う旦那さんと 3人で食事しながら、10時頃まで盛り上がった。 積もる話も合ったからか話題が途切れることがなかった。 A子の旦那さんも穏やかでとても優しい人だった。 高給取りでおまけに、性格まで優しい旦那さんをゲット出来たA子が私は羨ましく思えた。 旦那さんに「夜も遅くだからお風呂に入ってゆっくり休んでもらっても構わないですよ」 と勧められるままに先にお風呂を頂いたんだけど・・・ お風呂から上がって脱衣室に出た時なにか違和感があった。 お風呂に入る前に脱いだ衣類のうち ショーツとか肌着は小さ目に畳んでセーターの間に挟んでおいたんだ。 これは私のクセみたいなもので旅先の大浴場なんかでも 脱いだ衣類は肌着が人の目に触れないようにそうしておく。 それがお風呂から出た時に

Read more

高学歴公務員が高卒の同級生をバカに⇒同級生の一言に彼は凍りつく…

高学歴公務員が高卒の同級生をバカに ⇒同級生の一言に彼は凍りつく… 学校を卒業後、同窓会で長年会っていなかった同級生に再会すると、 とても懐かしい気持ちになりますよね。 この話は中学の同窓会に参加した男性の話です。 ネット上に投稿され話題になりました。 この男性は15年ぶりに同窓会で同級生と再会したらしいのですが… 中学の同窓会での出来事 先週、久しぶりに中学校の同窓会に参加してきました。 総勢30名越えの同窓会で、中々の盛り上がり。 15年ぶりと言うこともあり、中には顔と名前が全く一致しない人なんかもいて、 少し新鮮さと歳の経過を実感したのもありましたが…。 皆が皆、いい感じに歳をとり 「大人になったんだなー。」なんて当時を懐かしみながら楽しんでいました。 お酒も進み、二次会へと移動。 子供のいる子や家で奥さんが待つ男子なんかもいたので、 二次会に参加したのは10名程でした。 少数になりお酒もさらに進み、さあこれから楽しい話でも! と、思っていた矢先… 事態はよからぬ方向へと発展してしまったのです。 悪酔いをした男子がある同級生に… 男子6人、女子4人で大きめの個室のある居酒屋へ。 お酒がかなり進んでいたからか、メンバーの男子が仕事の話を始めました。 そこで、少し悪酔いをし始めた男子が場の空気をぶち壊す一言を放ったのです… そういえば、お前あれから進学しなかったんだろ?

Read more

ソフトバンク会長の孫正義さんが国会の守衛から「こら、そこ歩くな!そこは議員さんが通る場所だ」と言われ、激怒し言い返した言葉に納得!

ソフトバンク会長の孫正義さんが国会の守衛から 「こら、そこ歩くな!そこは議員さんが通る場所だ」と言われ、 激怒し言い返した言葉に納得! 先日、所用があり参議院を訪れた時のことだ。 入り口中央には赤じゅうたんが敷いてあり、私はなんら躊躇することなくそこから中へ入ろうとした。 その瞬間、守衛から怒鳴られ制止された。 こら、そこを歩くな。横の通用口から入りなさい。 そこは議員さんが通る場所だ 私は怒鳴り返した。 ちょっと待て。 そんなことどこに書いてある。 書いてもいないのになぜ、いきなり怒鳴られるんだ。 そもそもどうして議員が赤じゅうたんの真ん中の入り口で国民は通用口なんだ。 俺は帰りも堂々と真ん中から出る。 そして次に来るときも堂々と真ん中から入る。 どうしても通したくなければ警察を呼んで逮捕してみろ 結局私は、真ん中から入り、真ん中から出たが、 この出来事ほど今の議会制民主主義の歪みを表した 象徴的な出来事はないだろう。 まさに主権在民の精神を忘れた代議制度だと言えるのではないだろうか。 議員、代議士というのはその名の通り、 主権を持っている我々国民の代理として国会で議論をする人たちだ。 憲法で主権在民が謳われているように 一番えらいのは国民であり議員は国民の下僕であるはずだ。 それなのになぜ議員が真ん中の赤じゅうたんの入り口で国民が脇の通用口なのだ。

Read more

【美人すぎるタクシー運転手】生田佳那さんの水着姿がヤバすぎるとネット炎上中【画像多数あり】

【美人すぎるタクシー運転手】 生田佳那さんの水着姿がヤバすぎるとネット炎上中【画像多数あり】 プロのタクシードライバーとして乗務しながらモデル プロのタクシードライバーとして 乗務しながらモデルとしても活躍する生田佳那が 「週刊ヤングジャンプ」No.9号にて水着姿を初披露。 「撮影の1着目が黒色のベアトップの水着だったので 凄く恥ずかしかったです。 スタッフの方々にポージングを教えてもらいました」 と照れながら撮影を振り返った。 美人すぎるタクシードライバーになるまで 生田は1991年12月18日生まれの24歳。 約2年前より女性ファッション誌『mina』の モデルユニット“minaメイツ”として現在も活動。 『Voce』『ELO』への出演やサロンモデルとしても活躍している。 しかしモデル活動の収入の不安定さから、 新たな活動のフィールドを模索。 そんな中、タクシードライバーとして活動しながらタレントとしての 活動も支援する「飛鳥交通ドリームプロジェクト」 を見つけ、応募したとのこと。 同オーディションでグランプリを獲得し、 猛勉強の末、タクシードライバーとして 必須の普通自動車第二種運転免許に挑戦。 合格率2割と言われる試験に即合格すると その後に実施されたタクシーセンターでの講習、

Read more

某テレビ局から届いた「番組で使いたいから、商品を無償で送れ」という内容のメールについて、断ったら常識離れの返信メールがきた…

某テレビ局から届いた「番組で使いたいから、 商品を無償で送れ」という内容のメールについて、 断ったら常識離れの返信メールがきた… 某テレビ局から届いた「番組で使いたいから、 商品を無償で送れ」という内容のメールについて 「ちょっと違うのでは?」と思ったので紹介します。 求められたものは応量器 本漆と日本産の木材のみを使用したもので 4万円以上するような代物です。 ※応量器…禅宗の修行僧の食器。 大きさが少しづつ異なる器を入れ子にして収納するもの マスメディアが報道すると影響が大きいことは認識していますが、 その組織の中にいる人間はそんなにエライのでしょうか? 当然のようにタダで他人の物や時間を使おうとする、 常識離れの行動が理解できません… こちらがその内容 某在京キー局から「番組で応量器を使いたい、無償で送れ」という旨のメールを頂戴した。「無償は無理、卸もしていない。小売価格で通常通り注文ください」と返したら「それくらいタダでよこしてもいいでしょテレビで紹介してやるんだし」とキレた返信が来た。「それくらい」なら、払えばいいでしょ。 — 漆器屋 小谷ロ剛 (@kotaniguchi) May 18, 2016 あと、少し前に関西のテレビ局から「応量器の写真を送れ」ってメールが来た。今のテレビの解像度に耐えうる画像などないしカメラもないので「物を送るから好きに撮って」と返事したら「あのね、時間かかるし人手も道具も必要、そんなこといちいちやってられないことも分からないの?」と返ってきた。 —

Read more